活動内容

4月9日沖縄そばのルーツ「唐人そばの日」制定

2019.04.03 (社)沖縄そば発展継承の会

 

関係者各位

平成31年4月3日

                               (社)沖縄そば発展継承の会

                                     会長 野崎真志

 

110年ぶりに甦る 沖縄そばルーツ

4月9日「唐人そばの日」制定

 

初春の候、皆様ますますご健勝の事とお喜び申し上げます。

さて、昨年4月、沖縄そばルーツ「唐人そば(支那そば屋)」を110年ぶりに再現しました。その後、6月より県内9店舗で「唐人そば」を販売し、現在は、4店舗増え、13店舗で販売しています。各店舗、「しょうゆ味の黒いスープ」が評判を呼び、リピート客も増えている状況です。

1902年(明治35年)4月9日の新聞の広告に「那覇市警察署下りに『支那そばや』開業」という記事があり大和の商人が「清国ヨリ料理人ヲ招キ」とあります。

これが資料として確認される沖縄で最も古い「唐人そば(支那そば屋)」の記述です。

沖縄そばのルーツ「唐人そば」を食べてもらい、沖縄そばの歴史を知るきっかけになってもらいたい。さらに、沖縄の新しいご当地グルメに育ってもらえたらと思っています。

そこで、さらなる普及のために4月9日を「唐人そばの日(一社沖縄そば発展継承の会認定)」を制定します。

 

 

 

以上