活動内容

唐人そば取扱店募集

2019.01.17 (社)沖縄そば発展継承の会

110年ぶりに再現した沖縄そばのルーツ「唐人そば」

貴店のメニューにしませんか?

 

唐人そば再現

「唐人そば」再現のきっかけは、毎年行われる沖縄そばスタンプラリーでした。
その参加者(そばじょーぐー)から「沖縄そばルーツの店を食べてみたい。」の一言でした。

試行錯誤しながら完成した「唐人そば」を第7回沖縄そばスタンプラリーの目玉企画として、限定60食を試食していただき、みなさんの感想が好評でしたので、一般の方にも食べてもらいたいと思い、沖縄そば店でのメニュー化となりました。

販売当初からマスコミ等に取り上げられ、幸先よいスタートとなりました。
今では、リピーターも増え、各店の定番メニューとなっています。

沖縄そば業界の正直な話をしますと、沖縄そば店は伸び悩んでいます。
ラーメン店、うどん店が増え、他の外食産業にも押されている現状です。
そんな中、生まれた「唐人そば」が沖縄そば業界の活性化、起爆剤となってほしいと思っています。

「唐人そば」を食べて、沖縄そばの歴史を知るきっかけとなり、沖縄の新しいご当地グルメに育っていただければと思います。

唐人そば内容

沖縄そばの歴史文献によると、「醤油味の黒いスープ」「具はネギと豆粒大の豚肉」と記載。

唐人スープタレ(素ダレ)

「醤油味の黒いスープ」を再現するために開発に約1年かけました。
色合い(黒)を前面に出すと飲み干せない。沖縄そばの味や風味を優先すると色(黒)が出ない。など、試行錯誤を繰り返し、旨味、風味、色合いを調整。「唐人スープタレ」を開発しました。

うちなぁ家

麺そーれ

民芸食堂

下地そば

おかあさん

大笑

沖縄そば各店舗で販売するには、カンタンに作れること、どのようなお店にも調合できることが大前提です。
各店舗は、「唐人スープタレ」を味付け前のダシ(スープ)で仕上げています。
「具はネギと豆粒大の豚肉」は、各店舗で出てくる肉の切れ端、煮崩れした豚肉を利用しています。
唐人そばのスープ、具は、既存の食材で提供できます。新たな食材を買わなくてもいいのです。

調理方法
「唐人スープタレ」を使用し、スープを完成させる工程は、各店舗さまざまです。

(各店事例)
○味付け前のスープダシ(ブタ、カツオ、トリなど)で「唐人スープダレ」をのばし、10食分づつ作り、冷蔵保存。→注文時に温めて提供する。

○「唐人スープタレ」をラーメンのかえし(素ダレ)のように、注文時にどんぶりにタレを入れ、豚ダシでのばす。(「唐人スープタレ」25ccに対し、豚ダシ300cc)

○「唐人スープタレ」を豚ダシ10リットルでのばし、ジップロックに小分けにして冷凍保存。

各店舗「唐人スープタレ」を使い、いろいろな調理方法で仕上げています。
ご不明な点があれば、メニュー化までサポートいたします。

 

※各店、麺は、既存麺でかまいません。
おすすめとして「唐人麺」があります。(上記画像)
「唐人麺」は、沖縄生麺協同組合と沖縄製粉、県工業技術センターが開発した、伝統的な沖縄そば「木灰そば」の麺の風味を再現する専用のアルカリ剤を使用しています。やわらかめでモチっとした食感に仕上げました。
形状は、「昔の麺は太かった」との年配方々の多数の証言から太めです。

参加店舗の声(県内12店舗で販売中です。2019年3月現在)


民芸食堂 我謝店主(与那原町与那原)
「唐人そば」を新メニューとして取入れ、お客様の選択肢が増えました。
「唐人そば」をベースにして新メニュー展開が期待できます。
お店からおすすめしなくても、1日平均5から10杯程度の販売があります。
また、商工会等の活動時に話題になる事があり宣伝にもなっている。
お客様の声としては、「唐人そば」は、「一人前をペロットいける、食べやすい。」
「昔もこんなに美味しかったのかねー。」「『黒いスープだねー、塩からそうだねー!』
と思ったけど、食べてみるとあっさりしておいしい。」
「『野菜そば』『てびちそば』のスープを唐人スープにしたが、美味しかった。」多数好評いただいています。


大笑 下里店主(那覇市壺屋)
スープが見た目濃く見えるけど、あっさりしてて美味しい。唐人麺が最高に美味しい。
今では「唐人そば」しか食べないリピーターが複数名います。
食べられる所(参加店)をもっと増やしてとお客さんが言ってます。


下地そば 下地店主(那覇市真地)
唐人そばを販売して、お客様が増えたのは勿論です。
テレビで見て食べたかったと言う声は最初の頃は多かったのですが、最近は唐人そばって話題ですよねと言う声も聞けるようになってます。
地道にジワジワと口コミで県民に広がってきているのが実感できてます。
観光客の方も唐人そばを注文する方が増えていて、皆さんに気に入ってもらえてます。
今話題の唐人そばが食べられるお店!というレア感があるのがいいところですね。


まーさむん家 麺そーれ 真喜志店主(糸満市潮平)
まず!一番多い声は、スープの色に驚き、見た目に反してかなりあっさりと飲みやすいスープ。
唐人麺のもちもち感が美味しいとの声が多いです!
沖縄そばの感性が変えられたなどお客様からの声が多いです!


うちなぁ家 上地店主(那覇市泊)

マスコミリリース

 

琉球新報

沖縄タイムス

日経新聞

琉球朝日放送 (↑上記画像をクリックすると「唐人そば」ニュース動画ページに移ります)

琉球放送  島人ぬ宝

沖縄テレビ OKINAWA MONDE W・ALKER おきなわ モンド ウォーカー

アゲアゲめし

FMOkinawa

ラジオ沖縄

沖縄コンベンションビューロー

おきなわ倶楽部

「唐人スープタレ」価格  1キロ 2160円
参加登録料 1万円
特典 「唐人そば」のぼり2枚  「唐人そば」店舗用POP
◎ホームページ掲載(唐人そば販売店舗一覧掲載)
◎「そばじょーぐー」認定者へお知らせメール(1500名)
◎FBコミュニティー「沖縄そばガイド」(約9000人)へお知らせ

取扱までの流れ

下記情報を下記メールアドレス等に連絡いただいた後に、担当者から連絡させていただきます。
「唐人スープタレ(250グラム)」をサンプル送付いたします。

店名:
住所:
TEL:
代表者名:
連絡先:

メールアドレス  :nozaki_okinawasoba@yahoo.co.jp
FAX       :098-886-2200
担当者携帯(野崎) :090-3794-9346

試作調理期間
サンプルで試作および検討期間。
取り扱いが決まり次第、ご連絡ください。

趣意説明と販売覚書契約
取り決めの相互確認いたします。

メニュー化
発売日が決まり次第、ネットなどで告知します。