活動内容

沖縄そば手打ち教室「喜瀬武原小学校」

2018.07.26 沖縄そば手打ち教室

恩納村、喜瀬武原小学校にて沖縄そば手打ち教室でした。
周辺が山に囲まれて、とてものどかな環境です。
そこの子どもたちは、素直で明るい子が多い。
「プロの麺職人になりたい」と感想を言う子もいました。
楽しい時間でした~。

 

 

※出張沖縄そば手打ち教室募集!

総出張教室315回、総受講者数10,835人!(2020年5月現在)

リピート開催多数!!

沖縄の食文化「沖縄そば」の歴史・文化を学びながら手打ち体験。

大阪では、一家に1台たこ焼き器があるように、沖縄では「一家に一人は沖縄そばが打てる。」という文化を根付かせたい。
また、親子で参加する方の感想は、「2時間近く子供と一緒に沖縄そばを作れる工程が記念になる」との声もいただきます。

 

現在、「沖縄そば」の食文化・歴史を多くの方に知ってもらうために、沖縄県内の小中学校で年間30校にて「沖縄そば」の手打ち体験教室を行っています。
他にも、子供会、老人会、PTA、公民館、学童保育なども行きます。

沖縄そばを作ることは、難しい事はありません、この沖縄そば手打ち教室で習って頂ければ、「家で手打ち沖縄そばを食べる」という文化が広がると思います。
自分で作った「沖縄そば」は、おいしいですよ。

 

受講者の声(受講して感じたこと)

沖縄市・男性S教員

・沖縄の伝統料理であるが、作り方、そしてそのルーツも知らなかったので、それを知ることができて大変勉強になった。
また、子供たちにとっても、日ごろ食べている沖縄そばの作り方やルーツを知ることで、さらに沖縄そばについて関心が増す良い機会だった。
・日頃、親子で料理をする機会もほとんどないため、体験を通して日頃できない親子のコミュニケーションにもなり、小学校の良い思い出となった。
・野崎さんの説明がゆっくり、丁寧で大変分かりやすく、また、紙芝居も大変児童にとって理解しやすいものだったので、子供たちが楽しみながら活動できた。
・やっぱり自分の作った沖縄そばはすごくおいしいと思い、何度やっても楽しい感じた。そばに一層興味・関心が湧きました。

北谷町・女性M教員

・自分で打つ麺はとてもコシがありおいしかった。麺を打つ機会がなかなかないので、いい体験になった。
麺を寝かす間の時間は、沖縄そばの歴史を学べる紙芝居を見る時間となり、とても有意義な時間となった。
子供たちも保護者も一緒になって活動できる素敵な時間となり、いい思い出の一つになったと思います。

 

【お問い合わせ】
(一社)沖縄そば発展継承の会
手打ち担当者野崎ケイタイ 090-3794-9346
メールアドレス nozaki_okinawasoba@yahoo.co.jp